自分が思う結婚に対する価値観を語るよ

結婚とは何か?人それぞれ結婚についての価値観は違うと思いますが、本来の結婚の意味とはいったい何でしょうか。

結婚というものは、今まで育った環境の違う他人同士の男女が一緒に生活をし新しい家庭を作り上げていく事ではないでしょうか。

結婚という契約を交わし同じ籍に入る事で家族になるのです。私たちには、生まれた時から家族というものが必ず存在しています。

それは父親や母親、それに兄弟(姉妹)たちの存在です。ですが結婚をする事によって、生まれてきた時から存在している家族以外に家族が出来るのです。

というよりも、生まれてきた時から存在している家族の元を巣立ち、新しいパートナーと新しい家族を作り新しい家庭を築き上げていく事なのです。結婚は新しい家族の始まりでスタートなのです。

一生を考えれば、生まれてきた時から存在している家族よりも新しい家族と過ごす時間の方が遥かに長くなるのです。

生活環境の違う男女が結婚をし何もない状況から新しい家族、家庭を築き上げていくという事は簡単な事ではありません。

なんせ元々の家族が違うのですから考え方や生活スタイルが違って当然です。お互いに我慢する事が多々でてくるでしょう。我慢が積み重なり、ぶつかり合う事も多くなってくるでしょう。

環境の違うもの同士が一緒に生活を共にするのですからぶつかり合う事があって同然です。ですが結婚という新しい家族になる契約をお互いに交わしたのですから、簡単に離れる事は出来ません。

それに、ぶつかり合いは決して悪い事ではありません。ぶつかり合う事で、お互いの考えている事や、思っている事が分かります。

相手の気持ちが分かる事で、お互いの直してほしい点や尊重すべき点について話し合う事が出来ます。それを一つ一つ積み重ねていく事でお互いが歩み寄り、分かり合えていくものだと思います。

結婚は「忍耐」とよく聞きますが、お互い相手を思いあっているからこそ我慢も出来るのだと思います。想ってもない人に我慢なんてする必要ありませんもんね。

いつの間にかお互いが相手色に染まっていき、それが新しい家族の色になって行くものだと思います。それが「結婚」ではないでしょうか。

一概には言えませんが、結婚というものをあまり重く考えないで簡単にしてしまう方も世の中にはいます。それで上手くいっている方もいるかと思います。

しかし、結婚とは最初は二人だけのスタートかもしれませんが新たな家族増える可能性もあります。そうすれば、どんどん大きなものになっていきます。

そうすると「責任」というものが絶対となります。「責任」は逃れられません。「結婚」=「責任」という事も頭に入れ結婚を考えて頂きたいと思います。

結婚とは唯一、他人同士だった男女が家族になれるという素晴らしいものなのです。